学校の歩み

刺繍糸

ファッション業界で働きたいと考える人が最も興味を持つ職種がデザイナーです。
しかしデザイナーになるためには様々な知識と技術が求められるので、服飾系の専門学校への入学が必要になるのです。
服飾系の専門学校も時代とともに変化をしており、アパレル業界の最新のニーズに合わせて、指導内容も大きく変化しているのです。
特に最近ではパソコンを使ったデザインも主流になりつつあるので、専門学校の授業内容でもパソコンを使った実習が行われるようになっているのです。
しかし一方で服作りには手作業の側面もあるので、昔ながらの縫製の技術も学んでいるのです。
特に型紙と縫製の関連を理解することで、より良い服作りが行えるようになるのです。
また最近ではより一層即戦力として活躍できるような人材育成も行われているのです。
そのために専門学校の授業では、オリジナルのブランドを立ち上げて、小売店にもセールスができるようなノウハウも学べるようになっているのです。

デザイナーへの道

デザイナーは憧れの職業ですよね。
自分がデザインした服を大勢の人に着てもらえるなんて、考えただけでワクワクします。
自分が考えた服が形になっていくのもまた楽しいものです。
そのデザイナーになるためには、どうしたらいいのか。
まずは、服飾系の専門学校に行くことです。
デザイナーになるためには、まず服作りから学ばなければいけません。
デザインを描く上で、服の構造を理解しておくのは非常に大事なことです。
描いたデザインがきちんと服になるかどうかは、基本が分かっているかどうかで決まってきます。
それから、型紙をおこすこともデザイナーになるためには必要不可欠です。
型紙は服を作る上でもっとも重要な工程だからです。
その他にもカラーの勉強やデザイン画の勉強ももちろんします。
こういったことは服飾系の専門学校で教えてくれます。
専門学校の課程は2年か3年のところがほとんどです。
しかし、そういった学校を卒業したからといって、誰でもすぐデザイナーになれるわけではありません。
第一歩として、アパレルメーカーに就職する必要があります。
アパレルメーカーに就職できたとしても、部門がさまざまありますから、企画やデザイン部門に配属されるのはごくわずかな人数です。
デザイナーになるためには、基本的な知識や技術のほかに、人とは違う発想力や魅力的なデザインを考えられるアイディア力が求められます。
学校で勉強する以外にも、ファッション感覚を磨くなどさまざまな努力が必要なのです。

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

カテゴリー